気づいたら薄毛になっていた恐怖感!

姉に言われるまで私は全く気付いていませんでした。でも言われて確かにそうだと思ったのです。

 

「ちょっと髪の毛薄くなったんやない?」と言われて、初めて自分の髪の毛が薄くなったことに気づいたのです。

 

確かにこれまでも何度か友達に「前みたいに髪が多くなくなったね」と遠回し気味に言われたことがあるのです。

 

私はそのときそれを褒め言葉と思っていて、髪が少なくなって嬉しいとまで思っていました。でも姉にそう言われて、私はやっと自分の髪を良く鏡で直視して、「禿げるかもしれない恐怖感」を味わったのです。いつの間にかあれほどあった髪の毛が減少していました。

 

髪の毛が抜けることが多くなったのは社会人として働き始めた後です。この抜け毛を最初あまり気にしませんでした。でも今は違います。今は髪の毛が少しでも増えるようにと願っています。これ以上薄毛が進行したらどうしようと不安に駆られる毎日です。

 

頭皮環境を整えると抜け毛が減る?

 

今は色々な育毛剤が販売されていますが、薄毛対策は生活習慣や食生活を見直すことも必要です。一般的に抜け毛は加齢によるものですが、毛根に汚れが溜まると抜けやすくなったり、たっぷり整髪料を使って髪に負担を与えている原因も考えられます。

 

ですから、薄毛対策はまず、頭皮環境を整えてあげることが大切です。頭皮が硬くなっているならシャンプーする時にマッサージしたり、クッションブラシを使ってもいいでしょう。頭皮が柔らかくなると血液の流れも良くなり、ハリのある髪になれます。

 

自分の頭皮が硬いかどうか触ってみると分ると思いますが、青白い頭皮ならそれほど硬くなっていないと判断できますし、頭皮を柔らかくしながら育毛剤を使っていくのが理想です。